OralStudio オーラルスタジオ

のみ込みUP! 充実編

■ 目的


・嚥下障害がある
・フレイルリスクが高い
・65歳以上
・より良い発声を目指したい

方などの
舌骨上・下筋群や頬筋を刺激し引き締める



■ モードと施術時間


セルキュアモード【赤】
15分程度



■ 施術ポイントをチェック


ターゲット:
舌骨上筋群・舌骨下筋群・頬筋・笑筋



嚥下関連筋
拡大する



■ 施術前 準備


1:コットンをバンドで固定
2:専用ローション(滑りが良い)or 精製水でコットンを湿潤
3:電源を入れ、赤モードに設定



■ ボリューム調整


4:ボリューム調整
顎下に当ててボリューム調整
電気が苦手な方でも無理なく調整できる場所
患者さまが心地良い程度の出力に調整


ボリューム調整
拡大する



■ 舌骨下筋群


5:舌骨下筋群に滑らせるように当てる
図を参考に気管を中心に左右に分け、喉仏あたりから鎖骨にかけて滑らせるように、ゆっくり往復

舌骨筋群
拡大する


5往復行う 終わったら反対側を施術


ワンポイント:
滑らせるように動かしたい場合は、専用ローションを使用しましょう(各電極に1滴づつ、計4滴程度)。滑りが悪くなったら、精製水を加える滑りが回復します。

■ 舌骨上筋群


6:舌骨上筋群に当てる
図を参考に、顎二腹筋に対して顎下部から乳様突起まで滑らせるように、ゆっくり往復
言い換えるとフェースラインを下から上へと滑らせるように

舌骨上筋群
拡大する


5往復行う 終わったら反対側を施術


ワンポイント:
顎下部のコリがほぐれると、下唇が引っ張られるようにキュキュッと動きます。

■ 頬筋・笑筋をメンテ


7:頬部に当てる
頬の凹むところに軽く押し込むように当てる
左の頬に5秒程度
終わったら反対側を施術
2~3セット
行う


ワンポイント:
開口して頂き、頬が凹む部分に当て込むと効果的です。

頬部
拡大する



以上でおおよそ15分程度の施術となります。


歯科医院での活用例へ
目次に戻る

2021年05月31日

当サイトは歯科医療従事者の方を対象とした情報提供サイトです。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは歯科医療従事者ですか?