OralStudio オーラルスタジオ

2 相田 潤先生:口腔衛生学、統計学他

2 相田 潤先生:口腔衛生学、統計学他

■ 経歴等


出身大学:北海道大学歯学部歯学科(2003卒)
出身大学院:北海道大学大学院歯学研究科博士課程・予防歯科学教室
留学先:University College London



■ 現在の肩書:


東北大学大学院歯学研究科 国際歯科保健学分野・准教授
東北大学大学院歯学研究科 臨床疫学統計支援室・室長(兼任)
日本口腔衛生学会・認定医
日本口腔衛生学会フッ化物応用委員会・委員長
BMC oral health・Associate editor
Journal of Epidemiology・Associate editor
日本老年学的評価研究(JAGES)プロジェクト・コアメンバー
International Centre for Oral Health Inequalities Research and Policy(ICOHIRP)・ Core member

リサーチマップURL



■ 研究キーワード


健康格差、社会的決定要因、ソーシャルキャピタル、口腔の健康と全身の健康、因果推論、フッ化物応用、東日本大震災



■ 研究に関する概要


WHOなどの調査やLancet誌、JDR誌での報告により、歯科疾患は、世界で最も多い疾患として知られるようになってきています。う蝕は特に多く、3人に1人が未処置う蝕を保有しています。

これは実は日本でも同じ状況にあります。子どものう蝕が昔よりも減った今でも、4000万人近い日本人が、未処置う蝕を有しています。

この理由としては、歯を有する高齢者におけるう蝕の増加といったこともありますが、一番はやはり、そもそも有病率が高いということです。子どものう蝕の有病率も、他の疾患に比べると圧倒的に多い場合がほとんどです。世界的には、有病率の多さの点から、歯科疾患の重要性が言われるようになりましたが、日本では減ったことばかり強調されており、重要性がうまく伝えられていないように思われます。

この歯科疾患には地域や社会集団による健康格差が存在します。生まれて間もないころから健康格差は存在し、成長とともに広がっていきます。3歳の時点で、東北地方は関東地方の2倍ほどう蝕の有病率が高くなっています。成人の歯周病、高齢者の歯の残存にまで、健康格差は存在しています。健康格差の原因を調べ、縮小するためにどうしたらよいのか、研究を続けています。

こうした研究は「疫学研究」ですが、同じ手法を用いて、口腔の健康と全身の健康の因果推論も長年行っています。口腔の健康の健康寿命への影響や、義歯の清掃をしないことで肺炎のリスクが増加することなどを、先進的な解析手法で検証を行っています。



■ 臨床家の先生方にお伝えしたいこと


新型コロナウイルス感染症では様々なフェイクニュースが問題になりました。
実はフェイクニュースは歯科界でも他人事ではありません。特に、フッ化物応用についてはフェイクニュースが多く、例えば「フッ化物配合歯磨剤は、チタンインプラント患者は使わない方が良い」という話には日本口腔衛生学会から否定の見解が出されています。

こうしたフェイクに臨床家の先生方が惑わされず、人々がその被害を受けないようにすることは、公衆衛生に関わる専門家の責務です。疑問を科学の観点から解きほぐし、分かりやすく伝えられるよう努力していきたいと思います。また、あまり認識されていない歯科の重要性を、データの観点から明らかにし伝えていくことも、同時に行っていきたいと考えています。



相田 潤先生の業績はこちら

2020年05月14日

当サイトは歯科医療従事者の方を対象とした情報提供サイトです。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは歯科医療従事者ですか?