OralStudio オーラルスタジオ

往診現場での骨露出

往診現場での骨露出

■ 【質問】


訪問で口臭を主訴、初診でみたところ骨壊死を起こして骨露出あり口腔内から腐敗臭と疼痛の訴えがあります。

近隣大学病院に紹介したところ、オペは体調から適応外とのことで、当歯科医院では口腔ケアと患部を消毒することしか出来ていません。

他に出来ることはありますでしょうか?



■ 【回答】


上下の部位が明記されていませんのでわかりませんが、
骨壊死(いずれ腐骨として分離されます)がどこにあるのかをCT等で診断することが最も重要です。

しかし、患者が通院できない状況が考えられますので、基本的には生理食塩水等による洗浄が主体となります。疼痛がなければ、骨露出部位は、生理食塩水を含ませた綿棒やワンタフトブラシ等でプラークを機械的に落としてあげることが効果的です。



■ 【回答者】


黒嶋 伸一郎先生
長崎大学生命医科学域(歯学系)口腔インプラント学分野・准教授

黒嶋 伸一郎 先生について

2020年05月11日

当サイトは歯科医療従事者の方を対象とした情報提供サイトです。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは歯科医療従事者ですか?