OralStudio オーラルスタジオ

現在登録されている用語8,247

用語・解説検索

分野の指定

small lymphocytes

small lymphocytes

分野名

基礎

解説

【概要】
・大きさでリンパ球を分類
・直径8ー9μmの円形細胞
・全白血球の20~30%(成人)


【構造】
核が細胞質に比べて大きい
異染色質が目立つ
核に小さい切れ込みが見られる
細胞質には遊離リボソームが多い
アズール顆粒が散在


【詳細】
アメーバ様の運動をするが、顆粒白血球のように活発ではない。
血管内に遊走したり、結合組織の中や上皮細胞へ侵入
好中球のような食作用はない


【大リンパ球との関連】
リンパ球にはT細胞とB細胞が存在
→抗原刺激を受け小リンパ球から大リンパ球に変化
→免疫能を発揮
このような大リンパ球を免疫芽細胞といい、小リンパ球がするこの変化を、芽細胞化という。


≪参考:大リンパ球≫
・リンパ球をその大きさによって分類したときのひとつで、直径10ー15μmの円形細胞である。
・B細胞が抗原刺激にあうとこの細胞になる。


★★★ ぜひご活用ください! ★★★
OralStudio歯科辞書はリンクフリー。
ぜひ当辞書のリンクをご活用ください。
「出典:OralStudio歯科辞書」とご記載頂けますと幸いです。

歯科用語の追加申請

「辞書用語の追加申請」では、現状のOral Studio歯科辞書に登録されていない用語の追加申請を随時承っています。
歯科辞書用語追加希望がございましたら、以下の項目を入力し登録要請ボタンをクリックしてください。

申請希望用語

当サイトは歯科医療従事者の方を対象とした情報提供サイトです。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは歯科医療従事者ですか?