OralStudio オーラルスタジオ

現在登録されている用語8,247

用語・解説検索

分野の指定

substantia compacta

substantia compacta

分野名

基礎

解説

【概要】
骨幹をなす骨組織内の組織のこと
その大部分の場所において骨層板が存在
→骨層板は血管を中心にして年輪のように重なって円柱を形成


【緻密質の管系】
血管等の走行のため2系統の管が存在。

ハヴァース管:
骨の長軸方向に走行する長い無数の管

フォルクマン管:
ハヴァース管と垂直の方向に発達

そのほか、骨幹の中央近くに栄養孔と呼ばれる大きい穴が肉眼でも見える。


《参考》
ハヴァース管:ハヴァース管は光景20~100μmの管で、毛細血管ないしごく細い動静脈を通し、ゆるい結合組織で満たされている。

フォルクマン管:緻密質に存在する、血管(動静脈)を通すための管のひとつ。
これには、1.骨表面(骨膜)から血管を導入する管、2.ハヴァース管同士を連絡する管、3.最内層のハヴァース管を内面(髄腔)へ連絡する管がある。

栄養孔:骨幹の中央近くに存在する肉眼的な穴(1~2個)。このなかを骨の血管が走り、この動脈は骨髄の栄養を養う傍ら、海綿質の骨梁に表面から酸素と栄養を与える。


★★★ ぜひご活用ください! ★★★
OralStudio歯科辞書はリンクフリー。
ぜひ当辞書のリンクをご活用ください。
「出典:OralStudio歯科辞書」とご記載頂けますと幸いです。

歯科用語の追加申請

「辞書用語の追加申請」では、現状のOral Studio歯科辞書に登録されていない用語の追加申請を随時承っています。
歯科辞書用語追加希望がございましたら、以下の項目を入力し登録要請ボタンをクリックしてください。

申請希望用語

当サイトは歯科医療従事者の方を対象とした情報提供サイトです。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは歯科医療従事者ですか?