OralStudio オーラルスタジオ

現在登録されている用語8,247

用語・解説検索

分野の指定

アナフィラキシーショック

アナフィラキシーショック

分野名

基礎

解説

【原因】
薬剤に対するアレルギー反応の1つ
エステル型に多い


【発生機序】
薬物投与(ex.ピリン系、βラクタム系、ヨード製剤など)、虫刺症、輸血
→ヒスタミン遊離
→血管拡張、透過性↑
→血圧↓、CVP・門脈圧↑、蕁麻疹、皮膚紅潮、咽頭浮腫、呼吸困難


【症状】
皮膚症状:じんま疹、紅斑、血管神経性浮腫、掻痔感
循環器症状:血圧上昇あるいは不変、脈拍低下
呼吸器症状:呼吸困難、鼻閉、喉頭浮腫、気管支痙攣
気道閉塞
消化器症状:悪心、嘔吐、腹痛、下痢


【処置】
ショック体位
酸素吸入
エピネフリン筋注
静脈路の確保
輸液
副腎皮質ホルモン薬
抗ヒスタミン薬を投与


【予防】
問診・アレルギー検査


★★★ ぜひご活用ください! ★★★
OralStudio歯科辞書はリンクフリー。
ぜひ当辞書のリンクをご活用ください。
「出典:OralStudio歯科辞書」とご記載頂けますと幸いです。

歯科用語の追加申請

「辞書用語の追加申請」では、現状のOral Studio歯科辞書に登録されていない用語の追加申請を随時承っています。
歯科辞書用語追加希望がございましたら、以下の項目を入力し登録要請ボタンをクリックしてください。

申請希望用語

当サイトは歯科医療従事者の方を対象とした情報提供サイトです。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは歯科医療従事者ですか?