OralStudio オーラルスタジオ

現在登録されている用語8,247

用語・解説検索

分野の指定

ペニシリン系抗生物質

ペニシリンケイコウセイブッシツ

分野名

基礎

解説

【特徴】
・ペニシリン:1929年、青カビから発見された最初の抗生物質
・グラム陽性、陰性球菌、スピロヘーターに有効
・グラム陰性桿菌に無効
・ペニシリナーゼにより不活性化→今日、黄色ブドウ球菌の大半 ペニシリナーゼ産生、耐性

《分類》
(1)ペニシリンG(ベンジルペニシリン)
(2)耐酸性ペニシリン
(3)ペニシリナーゼ耐性ペニシリン(耐性ブドウ球菌用ペニシリン)
(4)広域ペニシリン(現代のペニシリン)

《体内動態》
・胎児に移行、血液脳関門は越えない
・半減期は30~60分
・大部分は尿中に排泄


★★★ ぜひご活用ください! ★★★
OralStudio歯科辞書はリンクフリー。
ぜひ当辞書のリンクをご活用ください。
「出典:OralStudio歯科辞書」とご記載頂けますと幸いです。

歯科用語の追加申請

「辞書用語の追加申請」では、現状のOral Studio歯科辞書に登録されていない用語の追加申請を随時承っています。
歯科辞書用語追加希望がございましたら、以下の項目を入力し登録要請ボタンをクリックしてください。

申請希望用語

当サイトは歯科医療従事者の方を対象とした情報提供サイトです。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは歯科医療従事者ですか?