OralStudio オーラルスタジオ

現在登録されている用語8,247

用語・解説検索

分野の指定

補体の活性化経路

ホタイノカッセチカケイロ

分野名

基礎

解説

【概要】
補体の活性化には、

・古典経路
抗原抗体複合体を用いている経路で獲得免疫にかかわる
抗体や補体成分のC1qの病原体表面への結合によって誘導される古典経路

・レクチン経路
抗原抗体複合体を用いている経路で獲得免疫にかかわる
ある種の夾膜細菌に結合性を示す正常血清中のタンパク、マンノース結合タンパクによって誘導されるレクチン経路

・第二経路
病原菌表面を用いる経路
病原体表面で直接に誘導される第二経路

の三つの経路がある。
いずれの場合もまず、中心的な酵素活性が活性化され、それによって補体系のエフェクター機能が誘導される。
補体系活性化の結果誘導される主な機能は、病原体のオプソニン化、炎症細胞の動員、および病原体の直接的障害の三つである。


★★★ ぜひご活用ください! ★★★
OralStudio歯科辞書はリンクフリー。
ぜひ当辞書のリンクをご活用ください。
「出典:OralStudio歯科辞書」とご記載頂けますと幸いです。

歯科用語の追加申請

「辞書用語の追加申請」では、現状のOral Studio歯科辞書に登録されていない用語の追加申請を随時承っています。
歯科辞書用語追加希望がございましたら、以下の項目を入力し登録要請ボタンをクリックしてください。

申請希望用語

当サイトは歯科医療従事者の方を対象とした情報提供サイトです。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは歯科医療従事者ですか?