OralStudio オーラルスタジオ

現在登録されている用語8,247

用語・解説検索

分野の指定

類洞の内皮細胞

ルイドウノナイヒサイボウ

分野名

基礎

解説

【概要】
・類洞の構造に代表される特徴を持つ
・小孔を多く持つ


【詳細】
血液の液体成分(血漿)はこの小孔を通って自由にディッセ腔に出入りし、肝細胞の表面に直に触れている。血漿中のアミノ酸、グルコース、ビタミンなどが、ここから肝細胞に取り込まれる。

類洞の内皮の小孔は、径0.1μm以下の丸い窓で、ふるいのような領域に集合して窓あき小野をなす。しかし、ところによって1 - 3μmの大きい窓も見られる。これらの細胞内にある窓のほかに、細胞間にも時に大小の間隙が開いている。


《参考:類洞》
・洞様毛細血管ともいう
・肝細胞索の間を求心性に走るが、一般の毛細血管に比べて管径がはるかに太い
・類洞の内皮と肝細胞索の間にはディッセ腔と呼ばれる隙間があり、多量の液体(リンパ)を容れている


★★★ ぜひご活用ください! ★★★
OralStudio歯科辞書はリンクフリー。
ぜひ当辞書のリンクをご活用ください。
「出典:OralStudio歯科辞書」とご記載頂けますと幸いです。

歯科用語の追加申請

「辞書用語の追加申請」では、現状のOral Studio歯科辞書に登録されていない用語の追加申請を随時承っています。
歯科辞書用語追加希望がございましたら、以下の項目を入力し登録要請ボタンをクリックしてください。

申請希望用語

当サイトは歯科医療従事者の方を対象とした情報提供サイトです。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは歯科医療従事者ですか?