OralStudio オーラルスタジオ

現在登録されている用語8,247

用語・解説検索

分野の指定

オピオイド

オピオイド

分野名

基礎

解説

【概要】
モルヒネ様物質のことを総称してオピオイドと呼ぶ

【詳細】
生体内にはモルヒネ様物質がいくつか存在し、各種侵害刺激に対応して、これを有して痛みを制御している。これらモルヒネ様物質のことを総称してオピオイドと呼び、つぎのようなものがある。
(1) 植物に存在するもの:モルヒネやコデインなど
(2) 動物体内に存在するもの:エンケファリンやβ-エンドルフィンなど
(3) 人工的に合成したもの:ペチジンやヘロインなど

また、最大効果の違いから次のようにも分類される。
(1) フルアゴニストまたはアゴニスト
(2) パーシャルアゴニストまたはアゴニスト-アンタゴニスト
(3) アンタゴニスト

なお、法的規制によって(1)麻薬、(2)非麻薬に分けられる。

【参考:オピオイド受容体】
オピオイドが結合する受容体をオピオイド受容体という。モルヒネなどの麻薬性鎮痛薬もこの受容体に作用して効果を示す。鍼麻薬やストレス誘発鎮痛の効果もこの系が関与しているとされる。


★★★ ぜひご活用ください! ★★★
OralStudio歯科辞書はリンクフリー。
ぜひ当辞書のリンクをご活用ください。
「出典:OralStudio歯科辞書」とご記載頂けますと幸いです。

歯科用語の追加申請

「辞書用語の追加申請」では、現状のOral Studio歯科辞書に登録されていない用語の追加申請を随時承っています。
歯科辞書用語追加希望がございましたら、以下の項目を入力し登録要請ボタンをクリックしてください。

申請希望用語

当サイトは歯科医療従事者の方を対象とした情報提供サイトです。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは歯科医療従事者ですか?