OralStudio オーラルスタジオ

現在登録されている用語8,247

用語・解説検索

分野の指定

全か無かの法則

ゼンカムカノホウソク

分野名

基礎

解説

【概要】
単一の神経や筋線維は、まったく興奮しないゼロか、最大の興奮するかのどちらかである

膜電位をいったん閾膜電位までもっていくと、刺激電流を止めても活動電位は中止されず、一定経過の電位変化が起こる。
活動電位発生の全か無かの法則


【参考:膜電位】
細胞外の電位に対する内側の電位の差を膜電位という。この定義では、膜の外側(細胞外液)の電位を0Vと規定する。


【参考:閾膜電位】
活動電位を発生するのに必要な最小の脱分極を臨界脱分極といい、そのときの膜電位を閾膜電位という。


★★★ ぜひご活用ください! ★★★
OralStudio歯科辞書はリンクフリー。
ぜひ当辞書のリンクをご活用ください。
「出典:OralStudio歯科辞書」とご記載頂けますと幸いです。

歯科用語の追加申請

「辞書用語の追加申請」では、現状のOral Studio歯科辞書に登録されていない用語の追加申請を随時承っています。
歯科辞書用語追加希望がございましたら、以下の項目を入力し登録要請ボタンをクリックしてください。

申請希望用語

当サイトは歯科医療従事者の方を対象とした情報提供サイトです。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは歯科医療従事者ですか?