OralStudio オーラルスタジオ

はじめにお読みください

 はじめにお読みください

■ う蝕予防を再考する


う蝕予防におけるフッ化物の重要性は、歯の脱灰・再石灰化の側面より多くの論文により明らかにされており、また長年にわたり臨床的にも効果が認められています。

日本ではフローデンA(フッ化物イオン濃度9,000ppm)に代表されるフッ化物塗布が一般的ですが、より高濃度かつ局所貯留が可能な製品が望まれています。

OralStudioではクリンプロ™ ホワイトバーニッシュ F(スリーエム社)の日本発売に関する情報を得ました。
当製品は知覚過敏抑制材として、またう蝕予防のためのフッ化物として使い勝手が良く、既に海外では多くの臨床実績やエビデンスが蓄積されています。

バーニッ シュ=【予防】【小児】【矯正】のイメージが強いですが、本製品の効果効能・操作性を鑑みると、全ての歯科治療に活用できるとOralStudioでは考えます。

■ クリンプロ™ ホワイトバーニッシュ Fとは?


クリンプロホワイトバーニッシュF


●アメリカで最も使用されているフッ化物配合バーニッシュ
●フッ化物を最大24時間継続的に放出
●フッ化物濃度は22,600ppm、再石灰化を促進するTCP配合
●耐久性の高い塗布被膜
●個装で使いやすい
●プラーク存在下でも塗布が可能
●知覚過敏抑制効果あり
●10年以上の臨床実績



▶▶▶ 次へ


【う蝕再考】コンテンツがまとまったPDF版レポート
▶▶▶【OralStudio Report 32th】はこちら




▶▶▶【う蝕を再考するコンテンツリスト】はこちらから




▶▶▶【OralStudio】で医院用フッ化物製品をみる

医院用フッ化物製品

2020年07月30日

当サイトは歯科医療従事者の方を対象とした情報提供サイトです。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは歯科医療従事者ですか?